忍者ブログ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
Minono Kagemaru
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
日々の思いついたことを記載するだけのブログ。他のブログでは書きにくい分野の話をここで……
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

午前
とある事務所での、事務の手伝い

午後
総選挙立候補のための届出書類の事前審査のため岐阜県庁へ。
そこでちょっとしたハプニングが……。
最重要書類の供託金の書類に間違いが……。一緒に行った人と、早速法務局へ行って、書類を差し替えてもらいました。

色々な都合上、どうしても今日中に事前審査をしたかったので、県庁、法務局、県庁と行ったり来たり。午後6時の、今日の選管の締め切りには間に合いました。

その後は、各務原青年会議所(JC各務原)主催の、衆議院議員選挙立候補予定者の公開討論会(と言っても実際は「パネルディスカッション」)を聞きに、各務原市民会館へ。
PR
今年の総選挙では、どうも半世紀以上にわたって政権党の座にあった政党(自由民主党)とここ最近連立政権を組んでいる政党(公明党)が下野する公算が強いらしい。ちなみに、私はそれに代わって政権の座につくかもしれないと言われている政党(民主党)の支持者だ。

それを知っているある人からこう聞かれた。
「政権が交代すると、あなたの生活が何変わりますか?」

「いいえ、何にも変わりません。」

そう、政権党が交代したとしても、少なくとも私の生活は何にも変わらない。今のままの生活が、しばらく続くだけだ。

世間では、政権交代を、まるで革命かクーデターのように思っているのではないかと思えるほどだ。確かに、何かが大きく変わることは変わるのだが、革命や、クーデターのようなことにはならない。

また、今回起きるであろうと言われている政権党の交代があっても、良くも悪くも経済活動は行われるし、人が生まれて生きて死ぬという営みも変わらない。

戦後初めてのこととも言えるから、色々と不安や恐怖もあろうが、それほど怖がることはあるまい。また、自身としては、支持する政党が政権の座に就くこと、それ自体は目標の第1段階であるから、選挙まで充分に応援をしたい。
午前
市内のあるお宅から、「民主党のポスターを貼りたい」という連絡があったとして、民主党岐阜県3区総支部から依頼を受けたので、そのお宅へ出向いた。

「もっと、もっとアピールをしなきゃだめだぞ。」
と厳しいお言葉を頂戴した。


午後
岐阜市正木のショッピングセンター、マーサ21で、民主党岐阜県第1区総支部の街頭演説を、馬渕前衆議院議員をお迎えして行うというのでそのスタッフとして参加。

雨の中、およそ200人の聴衆が、総支部長柴橋正直氏と馬渕前衆議院議員の演説に耳を傾けた。


【告知】 文責:安藤由庸
民主党岐阜県連は、鳩山由紀夫代表をお迎えして下記のとおり演説会を開催します。

日時:平成21年8月1日(土) 12時15分開演(受付は午前11時30分より)
場所:岐阜グランドホテル
弁士:民主党代表 鳩山由紀夫氏、および岐阜県内各小選挙区からの立候補予定者
総選挙も間近。今日は朝から、民主党のチラシのポスティング……。ちょっと訳があって、選挙区内にある山間の集落へ行ってきました。

訳あって、そこを選んだのですが、さすがにちょっと無謀だったかな。そこへ、400枚のチラシをもって乗り込んだ(?)。案の定、全数を消化することができなかった。

とはいえ、公示日までには、400枚のチラシを、今回選んだ地域全域に蒔いておこうと考えている。
以下は、あくまでも作り話です。
現実にはあり得ません。

東京都議選は、事前の予想どおり与党は過半数を維持できず、更に自民党は比較第1党の座も民主党に奪われた。

それを受けて、国会では衆議院に内閣不信任決議案が、参議院には同時に問責決議案が提出された。ところがここで、だれも予想しなかった事態が起きた。提出された2つの決議案が与野党の大多数の議員による賛成で可決されてしまったのだ。

マスコミの取材に応じた自民党の重鎮は、
「ここまで国民の批判が強まった以上、麻生総理には退陣いただくのが筋。」
と答え、選んだのはあなた方ではないのかの質問には、
「誤りは正されねばならない。自民党は、その誤りを認めて今回の決議案に賛成したのだ。」
と答えた。

身内からも絶縁状を突き付けられた形の麻生総理は会見の中で、
「ここまで反麻生の風圧が強いとは思わなかった。本来なら伝家の宝刀で対抗したいところだが……。」
とだけ答え、内閣総辞職を決断した。

翌日の衆参両院の本会議では、両院が民主党の鳩山由紀夫氏を首班に指名した。

しかしながら任期切れまで残り2か月しかないこの時期。首班指名をされた鳩山氏は困惑。とりあえず、選挙管理内閣との位置づけで、麻生内閣での閣僚の大半を留任し、一時とはいえ与野党の大連立がなされてしまった。

早期解散を迫っていた民主党ではあったが、思わぬ事態に、解散時期を決定できず、総選挙は任期満了選挙となった。

--------以上フィクションは終わり--------

こんな展開になったら嫌だなぁ。もしそうなったら、民主党が惨敗だもん。

Copyright: Minono Kagemaru。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆