忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
Minono Kagemaru
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
* Admin * Write * Comment *

*忍者ブログ*[PR]
*
日々の思いついたことを記載するだけのブログ。他のブログでは書きにくい分野の話をここで……
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

社会保険労務士業界というのは、圧倒的に経営者(事業主)優先の考え方の人が多い(と感じている)。仕方のないことではある。顧問契約を結ぶ場合、個人と顧問契約を結ぶことはない(大体、個人と顧問契約を結ぼうにも、結べる案件がない)。当然、企業(経営者)と顧問契約を結ぶことになるから、経営者側に立つのが当然となる。

しかしながら、昨今の労働問題を考えると、円満解決のためには、労働者(従業員)側に立つ社労士の必要性を感じざるを得ない。

つまり、今のままだと、ルールを知っている(ということになっている)経営者側と、ルールを知らない(かもしれない)労働者が喧嘩をすることになり、本来なら円満に解決できたかもしれない案件が、徹底抗戦の様相を呈し、泥沼化しかねない。

お互いが、共通のルールを知った上で、解決の糸口を探れば、互いに不満が残るにしても、譲れるぎりぎりの線で妥協点を見出すことも可能なはずだ。いわゆる落としどころというやつ。

それが今の状態では求めることすらできない。

最終的には業界の在り方にも関わるかもしれない(大げさだなぁ……)ことだけど、労働者側に立つ社労士がいま以上に現れる必要があると感じている。

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS: 管理人のみ表示
この記事へのトラックバック

Copyright: Minono Kagemaru。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Pearl Box / Template by カキゴオリ☆